来たる愛について。

配偶者や恋人が居なくて ひとりで居る事に悲観的なもののみかたをわるぎなく優しさでしてくれる人が居るけど、愛は求めるでも、奪うでもない って、いつの日かそこにある ここにある愛を胸いっぱいに 抱きしめたい から 大丈夫。