憲法改正の国民審査の問題

以前もつぶやきを参考に

通販生活から

通販生活 いまの「憲法改正国民投票」はおカネのある改憲派に有利。 憲法改正国民投票法第105条の趣旨 「100億円でも200億円でも賛成、反対のテレビ広告、ネット広告を、出したいだけ出すことができる。

憲法改正国民投票法

(投票日前の国民投票運動のための広告放送の制限)第105条 何人も、国民投票の期日前14日に当たる日から国民投票の期日までの間においては、次条の規定による場合を除くほか、放送事業者の放送設備を使用して、国民投票運動のための広告放送をし、又はさせることはできない。

何人も、国民投票の期日前15日以前は、無制限に国民投票運動のための広告放送(テレビCM)を流してかまわない」この条文だとそのとおりですね。そして、ネット広告の決まりがない。

そして、自由なラジオをみつけた。

第69回 「伊藤先生!もう一度憲法を教えて下さい」

https://www.youtube.com/watch?v=Hd0OEgu4k4U

伊藤真氏も憲法改正国民投票法の危険性を言っていました。

参考にしてもらえればと思います。