D&C59章

01 見よ。主は言う。私の命じた通りに、私の栄光にひたすら目を向けてこの地に上って来た人々は、幸いである。

02 生きている者は地を受け継ぎ、死ぬ者はその労苦を全て解かれて休み、彼らの業は彼らに着いて行くからである。そして、彼らは、私が彼らの為に用意した父の住まいで冠を受けるであろう。

03 真に、私の福音に従っていて、自分の足でシオンの地に立つ者は、幸いである。彼らは地の良いものを報いとして受けるからである。そして、地は力強く産するであろう。

04 彼らは上からの数々の祝福を、また少なからぬ戒めを、更に時にかなった数々の啓示を冠として与えられるであろう。私の前に忠実かつ熱心である者は、この通りである。

05 それ故、私は彼らに戒めを与えて、このように言う。貴方は心を尽くし、勢力と思いと力を尽くして、主なる貴方の神を愛さなければならない。また、イエス・キリストの名によって、神に仕えなければならない。

06 貴方は自分自身を愛するように隣人を愛さなければならない。貴方は盗んではならない。姦淫をしてはならない。殺してはならない。これに類する事をしてはならない。

07 貴方は全ての事について、主なる貴方の神に感謝しなければならない。

08 貴方は、義をもって主なる貴方の神に犠牲を、即ち打ち砕かれた心と悔いる霊の犠牲を捧げなければならない。

09 また、貴方は、世の汚れに染まらずに自らを更に十分に清く保つ為に、私の聖日に祈りの家に行って、聖式を捧げなければならない。

10 真に、この日は、貴方方の労苦を解かれて休み、いと高き方に礼拝を捧げるように定められた日だからである。

11 それでも、貴方の誓言は、毎日、また常に、義をもって捧げなければならない。

12 しかし、この主の日に、貴方はいと高き方に貴方の供え物と聖式を捧げ、また兄弟達と主の前に貴方の罪を告白しなければならない事を覚えておきなさい。

13 また、この日には、貴方は他に何事もしないようにしなければならない。ただ、貴方の食物を真心を込めて準備して、貴方の断食が完全になるように、言い換えれば、貴方の喜びが満たされるようにするだけである。

14 真に、これは断食と祈り、言い換えれば、喜びと祈りである。

15 貴方方が、感謝して、楽しげな心と表情をもって、しかも、酷く笑う事は罪であるのでそうする事なく、しかし喜びの心と楽しげな表情をもって、これらの事を行うならば、

16 真に、私は言うが、貴方方がこれを行うならば、地に満ちているもの、即ち、野の獣と空の鳥、また木に登るものと地上を歩くものは、貴方方のものとなる。

17 真にまた、草と、地から生じる良いものも、貴方方のものとなる。これらのものは、食物の為、または衣服の為、または家屋の為、または小屋の為、または果樹園の為、または菜園の為、または葡萄園の為に用いられる。

18 真に、季節に応じて地から生じる全てのものは、人の益と利用の為、目を楽しませ、心を喜ばせる為に造られている。

19 真に、食物の為、また衣服の為、味の為、また香りの為、体を強くする為、また霊を活気づける為に造られている。

20 神はこれらのものを全て人に与えた事を喜んでいる。この目的の為にこれらのものは、思慮分別をもって、度を越さず、貪欲に取る事なく使うように造られたからである。

21 また、全ての事の中に神の手を認めない者と、神の戒めに従わない者の他に、人はどのような事についても神を怒らせる事はない、即ち、他のどのような人に向かっても神の激しい怒りは燃えない。

22 見よ、これは律法と預言者にかなっている。それ故、この件についてこれからはもう私を煩わさないようにしなさい。

23 しかし、義の業を行う者はその報いを受ける、即ち、この世において平和を、また来るべき世において永遠の命を受けるという事を知っておきなさい。

24 主なる私がこれを語った。そして、御霊が証する。アーメン。